読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レシピのヤンゴ

ヤンゴのとっておきレシピをご紹介します。今日の食卓にいかがでしょう?

赤ワインとカラメル香る牛丼

牛肉 玉ねぎ 赤ワイン

f:id:niyokoster:20120326154318j:plain

今日は一手間かけた牛丼のレシピをご紹介します。

味の決め手は赤ワインとカラメルソース。

 

赤ワインとカラメル香る牛丼

 

材料

(4人分)

牛肉 : 250g

たまねぎ : 2個


調味料

砂糖 : 25g

みりん : 大さじ2

醤油 : 75cc

赤ワイン : 大さじ2

塩 : 少々

こしょう : 少々

固形スープ : 1/2個

かつおだしの素 : 小さじ1/4

にんにく : 1片

生姜 : にんにくと同量

 

◆作り方◆

鍋に砂糖と水大さじ1(分量外)を入れて中火にかけて煮詰める。
薄く焦げ色がついて、カラメルのいい匂いがしてきたら、鍋をまわして均一な色にする。

鍋を火から外して赤ワインを加え、鍋をゆすってカラメルソースと混ぜる。
再び火にかけ、みりんを加えて煮溶かす。

水、固形スープ、かつおダシの素、叩いたニンニクとショウガ、しょう油、塩、コショウを加え、1~2分煮て火を止めて冷ます。

玉ネギは半分に切り、繊維に直角に、幅5~7ミリにスライスする。牛肉は2~3センチに切る。

[③]のタレを火にかけ、煮立たったらニンニクとショウガを取り除き、玉ネギを入れて煮る。

玉ネギがしんなりしたら牛肉を入れて、箸でさばきながら煮る。

牛肉に完全に火が通ったら火を止め、食べるまで蓋をしてそのままにしておき、味を染み込ませる。

 

 

調理してみて

 

f:id:niyokoster:20120326154331j:plain

レシピの分量を守るだなんて都市伝説だよね?

そう言い訳して、コッソリ玉ねぎを一つ追加して3個。

ザ・カサマシ!

 

f:id:niyokoster:20120326154341j:plain

まずはカラメルを作りましょう。

先に言っておきます。

キャラメリゼしすぎた\(^o^)/

これは悪い例。 やりすぎの色だと覚えておいて下さい。

 

f:id:niyokoster:20120326154348j:plain

作り方の③の工程

調味料はここで全て使ってしまうので、わかりやすくていいですよね。

ここから鍋を平たいものに変えることにします。
玉ねぎ3個にして量が多くなったので、横に広い方が具材に火を通しやすそうなので。

 

f:id:niyokoster:20120326154357j:plain

玉ねぎを煮ていきましょう。

余談ですが、僕は無駄に煮込んだ玉ねぎや、やりすぎあめ色玉ねぎが大好きです。

でも、極端なものを作ると参考にしにくいと思うので、今回は適度で我慢します。

 

f:id:niyokoster:20120326154404j:plain

玉ねぎに色もついてしんなりとしてきました。

もうちょっと煮込みたい気持ちを抑えて、次行ってみよう!

 

f:id:niyokoster:20120326154411j:plain

牛肉は箸でさばきながら煮ます。

牛肉は煮過ぎると硬くなるので注意ですね。

特に男性には「煮込み料理」が好きな方が多いので要注意! 牛肉の赤みが消えたらあとは蓋をして余熱でも十分です。

やはり、僕も時間をかけて煮込む料理が好きなのです。 なんででしょうね?

 

f:id:niyokoster:20120326154418j:plain

完成して食卓へ!

テーブル中央に鍋をドンと置いて「好きなだけよそって良いよ」と出してみました。

 

牛丼を一口食べ姉ちゃんの感想。

「何だかやたらコクがあるんだけど。 アンタ何種類の調味料入れたの?」

「コク?」

自信作だったので、奥歯に物が挟まった物言いがすごく気になりました。

疑問を晴らすべく、僕も食べてみることに。

パクッ

…うん。確かにコクが強い。

 

コクの正体は、焦がしすぎたカラメルの味!

さり気なく香るのがベストなのでしょうが、もはやその味が大黒柱のような味に仕上がっていました。

とはいえ悪い味ではなく、僕にとっては好きな味に仕上がったので良しとしましょう。

 

良くも悪くも、この牛丼の要はカラメルの出来次第のようです。